企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

2030年までのAIの動向について(Aマルチモーダルな認識)

2030年までのAIの動向について(Aマルチモーダルな認識)

2030年までのAIの動向について(Aマルチモーダルな認識)


(引用)総務省「人口知能の未来 -ディープラーニングの先にあるもの」(2016,松尾豊)に基づいて作成

上記のロードマップにおける6つのカテゴリーの中のAマルチモーダルな認識について「技術面の概要」、「産業化の可能性」、「産業化にあたっての考慮点」について考えてみたいと思います。

■技術面:行動予測・異常検知
マルチモーダルとは、Multi(複数)とModal(様式)を合わせたコンピュータ用語で、画像(視覚)だけでなく、音声(聴覚)等も含めたデータをAIが機械学習をしていくことを意味しています。このことにより、動画の分析などが可能となり、行動予測、異常検知、感情認識 等ができるようになるとされています。

■産業化の可能性
・防犯/監視: 防犯カメラ等の動画を分析し、異常者や不審者を識別することによる防犯/監視
・見守り: 表情等の分析も含めた介護、病院、独居老人、子供の見守り技術
・マーケティング: 店舗内行動の分析による店舗設計の最適化
・街づくり支援: 人や自動車の動きの分析
・防災画像処理: 河川、火山、土砂崩れの画像判断(災害状況のリアルタイムの把握)

■産業化にあたっての考慮点
個人的には、少子高齢化がますます進む先進国においては、介護や独居老人の見守り支援について、AIが24時間365日見守っていてくれるというのは、高齢化社会を見据えて介護する側もされる側も負担や不安を軽減できるものとして、産業化が待たれる技術だと思います。

また、防犯やセキュリティーの分野でも、個人のプライバシーの保護の観点で議論するところもあると思いますが、昨今のテロ等の脅威を考えていくと、やはり24時間365日緩みなく監視が行われるというメリットを社会が選ぶように感じます。

[参考資料]
松尾豊. 人口知能の未来 -ディープラーニングの先にあるもの. 総務省. http://www.soumu.go.jp/main_content/000400435.pdf
清水亮. (2016). よくわかる人工知能. KADOKAWA.

2030年までのAIの動向について(Aマルチモーダルな認識)

関連ページ

イノベーションの種類
イノベーションの階層
イノベーションのジレンマ
破壊的イノベータの5つのスキル(概要)
破壊的イノベータの5つのスキル(@関連づける力)
破壊的イノベータの5つのスキル(A質問力)
破壊的イノベータの5つのスキル(B観察力)
破壊的イノベータの5つのスキル(Cネットワーク力)
破壊的イノベータの5つのスキル(D実験力)
S字曲線
水平統合と垂直統合
クラウドソーシング(Crowdsourcing) @(概要)
クラウドソーシング(Crowdsourcing) A(分類)
AIの歴史
AIの現状
AIに奪われる仕事
2030年までのAIの動向について(概要)
2030年までのAIの動向について(@画像認識)
2030年までのAIの動向について(Bロボティクス)
2030年までのAIの動向について(Cインタラクション)
2030年までのAIの動向について(Dシンボルグラウンディング(言語理解))
2030年までのAIの動向について(E知識獲得)
長期的なAI発展の動向について
AIが経営に与える影響
AI発展によって増える仕事
AIに対する人間の優位性
クラウドファンディング@(新しい資金調達モデル)
クラウドファンディングA(5つのタイプ)
マッチング・ビジネス
「無料」を軸にしたビジネスモデル (フリーミアム)
オープン・イノベーション
ブロックチェーン@(ブロックチェーン(分散型台帳技術)の位置づけ)
ブロックチェーンA(技術的な特徴)
ブロックチェーンB(コンセンサス・アルゴリズム)
ブロックチェーンC(仮想通貨、金融、非金融)
ブロックチェーンD(経営への影響(機会と脅威))
RPA(概要)
RPA(RPAのタイプ)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール