企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

新しい技術

新しい技術記事一覧

イノベーションの種類

■イノベーションの種類イノベーションというと日本語では技術革新と訳されることから、新しい製品を生み出すことがイノベーションであると考えがちです。しかし、イノベーションを考える際の切り口は一つではありません。ここでは、ジョセフ・シュペンター氏が提唱しているイノベーションの5つの切り口について考えてみた...

≫続きを読む

イノベーションの階層

■イノベーションの階層とは?ゲイリー・ハメル氏の著書「未来の経営」において、紹介されているイノベーションの階層について考えてみたと思います。ハメル氏は、著書の中で企業のイノベーションには4つの階層があると指摘しています。同氏へのインタビューで5層として語られている記事もありますが、ここでは下記図の通...

≫続きを読む

イノベーションのジレンマ

■イノベーションのジレンマとは?「イノベーションのジレンマ」とは、クレイトン・クリステンセン氏が著書の中で展開している主張で、優良な企業の合理的な判断が、その企業を滅ぼす原因となるという考え方に基づいています。言い方を変えると、既に成功している企業は顧客ニーズに対応するという「持続的イノベーション」...

≫続きを読む

破壊的イノベータの5つのスキル(概要)

■破壊的イノベータの5つのスキルとは?破壊的イノベーションとは、クレイトン・クリステンセン氏が著書「イノベーションのジレンマ」の中で述べているアイデアです。通常、既に成功している企業は既存の顧客のニーズに対応するという合理的な判断を繰り返すことにより、現在の延長戦上にある持続的イノベーションを推し進...

≫続きを読む

破壊的イノベータの5つのスキル(@関連づける力)

「イノベーションのDNA」で破壊的イノベータが共通して持っていることが多いとされる5つのスキルの中の一つである「関連づける力」と「関連づける力」を身につけるヒントについて考えてみたいと思います。@関連づける力A質問力B観察力Cネットワーク力D実験力■関連づける力とは?我々は、創造性やイノベーションは...

≫続きを読む

破壊的イノベータの5つのスキル(A質問力)

「イノベーションのDNA」で破壊的イノベータが共通して持っていることが多いとされる5つのスキルの中の一つである「質問力」と「質問力」を身につけるヒントについて考えてみたいと思います。@関連づける力A質問力B観察力Cネットワーク力D実験力■質問力とは?破壊的イノベータの二つ目のスキルは質問力です。アイ...

≫続きを読む

破壊的イノベータの5つのスキル(B観察力)

「イノベーションのDNA」で破壊的イノベータが共通して持っていることが多いとされる5つのスキルの中の一つである「観察力」と「観察力」を身につけるヒントについて考えてみたいと思います。@関連づける力A質問力B観察力Cネットワーク力D実験力■観察力とは?破壊的なイノベータは優れた観察力を持っています。人...

≫続きを読む

破壊的イノベータの5つのスキル(Cネットワーク力)

「イノベーションのDNA」で破壊的イノベータが共通して持っていることが多いとされる5つのスキルの中の一つ、「ネットワーク力」と「ネットワーク力」を身につけるヒントについて考えてみたいと思います。@関連づける力A質問力B観察力Cネットワーク力D実験力■ネットワーク力とは?最近よく聞かれるようになったこ...

≫続きを読む

破壊的イノベータの5つのスキル(D実験力)

「イノベーションのDNA」で破壊的イノベータが共通して持っていることが多いとされる5つのスキルの中の一つである「実験力」と「実験力」を身につけるヒントについて考えてみたいと思います。@関連づける力A質問力B観察力Cネットワーク力D実験力■実験力とは?イノベータが身につけているとされる実験力とは、「新...

≫続きを読む

S字曲線

■S字曲線とは?一般的に技術の発展と衰退は、S字曲線に沿っていくとされています。S字曲線とは、下記イメージの通り、縦軸に技術が生み出すことのできるパフォーマンス(売上・性能等)、横軸に費やす労力(もしくは経過した時間)を設定したときにプロットされる曲線で、S字の形をしております。S字曲線には大きく3...

≫続きを読む

水平統合と垂直統合

■水平視点と垂直視点企業のM&A、提携、アウトソーシングを検討する際の視点として水平視点と垂直視点があります。水平視点: 製品・サービスやエリアの視点垂直視点: 研究開発・調達・製造・マーケティング・営業等のバリューチェーンの視点(大きくは調達・製造側の川上と営業側の川下に分かれます)■水平統合とは...

≫続きを読む

クラウドソーシング(Crowdsourcing) @(概要)

■クラウドソーシングとは何か?クラウドソーシングはIT技術の発展にともって、現れた新しいアウトソーシングの形態です。これまでのアウトソーシングは、コールセンター業務やバックオフィス業務などでアウトソース先が企業でした。しかし、クラウドソーシングの場合には、ソーシング会社のプラットフォームに登録をして...

≫続きを読む

クラウドソーシング(Crowdsourcing) A(分類)

■クラウドソーシングとは?クラウドソーシングとは、IT技術を利用した新しいアウトソーシングの形態です。これまで、企業が仕事を依頼する先は、雇用している自社の正規社員か、もしくは人材派遣会社等の仲介業者を介する非正規従業員、派遣労働者等が中心となっていました。しかし、クラウドソーシングを活用することに...

≫続きを読む

AIの歴史

■AIについてAIとはArtificial Intelligenceの略で、日本語では人工知能を意味します。近年、AIの発達が我々の生活・働き方やビジネスに大きく影響を及ぼす可能性がある事が取りざたされています。AIとは何か、AIが生まれた背景、どのようにビジネス・経営に影響を及ぼしているのか、今後...

≫続きを読む

AIの現状

■AIの現状について1950年から繰り返されているAIの歴史の中で、2000年代から現在(2017年時点)は第三次人工知能ブームであるとされています。このブームは、「ビックデータ」、「機械学習」、「特徴量」、「ディープラーニング」という四つのキーワードによって支えられているようです。ビックデータビッ...

≫続きを読む

AIに奪われる仕事

参考文献の「AIの衝撃」という書籍に記載されている、今後10~20年以内にコンピュータやロボットに置き換わりそうな仕事と置き換わりそうではない仕事について考えてみたいと思います。元々の出典は「雇用の未来:仕事はコンピュータにどの程度奪われるのか?(The Future of Employment: ...

≫続きを読む

2030年までのAIの動向について(概要)

■AIの動向について技術の発展について、特にタイミングまでをも正確に予測することは困難です。しかし、技術の発展の大よその方向性を考えるうえで、技術発展のロードマップをみておくことは有益なことだと思います。特に産業革命をも超える農業革命に匹敵するインパクトを人類に与える可能性があるという専門家もいる中...

≫続きを読む

2030年までのAIの動向について(@画像認識)

(引用)総務省「人口知能の未来 -ディープラーニングの先にあるもの」(2016,松尾豊)に基づいて作成上記のロードマップにおける6つのカテゴリーの中の@画像認識について「技術面の概要」、「産業化の可能性」、「産業化にあたっての考慮点」について考えてみたいと思います。■技術面:画像認識の精度向上AIに...

≫続きを読む

2030年までのAIの動向について(Aマルチモーダルな認識)

(引用)総務省「人口知能の未来 -ディープラーニングの先にあるもの」(2016,松尾豊)に基づいて作成上記のロードマップにおける6つのカテゴリーの中のAマルチモーダルな認識について「技術面の概要」、「産業化の可能性」、「産業化にあたっての考慮点」について考えてみたいと思います。■技術面:行動予測・異...

≫続きを読む

2030年までのAIの動向について(Bロボティクス)

(引用)総務省「人口知能の未来 -ディープラーニングの先にあるもの」(2016,松尾豊)に基づいて作成上記のロードマップにおける6つのカテゴリーの中のBロボティクスについて「技術面の概要」、「産業化の可能性」、「産業化にあたっての考慮点」について考えてみたいと思います。■技術面:環境変化にロバストな...

≫続きを読む

2030年までのAIの動向について(Cインタラクション)

(引用)総務省「人口知能の未来 -ディープラーニングの先にあるもの」(2016,松尾豊)に基づいて作成上記のロードマップにおける6つのカテゴリーの中のCインタラクションについて「技術面の概要」、「産業化の可能性」、「産業化にあたっての考慮点」について考えてみたいと思います。■技術面:文脈にあわせた環...

≫続きを読む

2030年までのAIの動向について(Dシンボルグラウンディング(言語理解))

(引用)総務省「人口知能の未来 -ディープラーニングの先にあるもの」(2016,松尾豊)に基づいて作成上記のロードマップにおける6つのカテゴリーの中のDシンボルグラウンディングについて「技術面の概要」、「産業化の可能性」、「産業化にあたっての考慮点」について考えてみたいと思います。■技術面:言語理解...

≫続きを読む

2030年までのAIの動向について(E知識獲得)

(引用)総務省「人口知能の未来 -ディープラーニングの先にあるもの」(2016,松尾豊)に基づいて作成上記のロードマップにおける6つのカテゴリーの中のE知識獲得について「技術面の概要」、「産業化の可能性」、「産業化にあたっての考慮点」について考えてみたいと思います。■技術面:大規模知識理解大規模知識...

≫続きを読む

長期的なAI発展の動向について

■長期的なAI発展の動向とは(引用)総務省「人口知能の未来 -ディープラーニングの先にあるもの」(2016,松尾豊)に基づいて作成上の図は、2030年までの比較的に短期的なAIの発展のロードマップとして6つの段階を表しておりますが、もう少し長期的な視野に立った時のAIの発展はどのようになるのでしょう...

≫続きを読む

AIが経営に与える影響

■AIが経営に与える影響AIは認識面・運動面・言語面で大きく発展を遂げていくと予測する専門家がいる中で、企業の経営にも大きく影響を及ぼすことが予想されます。AIは人間の認識面、運動面、言語面に寄与するものなので、経営全般に広く影響してきます。その中でも、影響が大きそうな@労働力、A代替サービス、B企...

≫続きを読む

AI発展によって増える仕事

■AIが発展によって増える仕事AIが発展することによって、人間が行っている仕事をAIが代替をして、人間の仕事がなくなるということが言われています。確かに、監視業務など今ある仕事の中でなくなる仕事は出てくると思います。しかし、農業革命の後には農業従事者が、産業革命の後には工場労働者やホワイトカラーが、...

≫続きを読む

AIに対する人間の優位性

■シンギュラリティ(技術的特異)と人間の優位性AI(人工知能)においてよく聞かれる言葉にシンギュラリティ(技術的特異点)というものがあります。現在の意味として使い始めたのは、レイ・カーツワイ氏です。簡単に言うと、AIが少しでも自らを超えるAIを生み出せるようになった時に、AIの優位性が一気に発散する...

≫続きを読む

クラウドファンディング@(新しい資金調達モデル)

■新しい資金調達モデルとはクラウドファンディングが資金調達モデルとして、従来のモデルと異なる点は大きく2点あります。@広く一般から資金調達できる点従来の資金調達モデルは下表のように、デット(debt)である銀行・信用金庫等が出資者となっている間接金融、もしくはエクイティ(equity)である証券会社...

≫続きを読む

クラウドファンディングA(5つのタイプ)

■クラウドファンディングの5つタイプとはクラウドファンディングにも複数のタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。最も大きな違いは、出資金の返還の有無です。下表の中で、@購入型、A寄付型は、非投資型であり、出資資金の返還はありません。他方、B融資型・貸付型、Cファンド型、D株式型は、投資型であるため、...

≫続きを読む

マッチング・ビジネス

■マッチング・ビジネスとは?インターネットが登場して以来、インターネット上で人と人を引き合わせる、マッチング・ビジネスが多く生まれてきています。クラウドソーシングやクラウドファンディングもマッチング・ビジネスですし、婚活系のサイトもマッチング・ビジネスに含まれます。マッチング・ビジネスの定義とは、「...

≫続きを読む

「無料」を軸にしたビジネスモデル (フリーミアム)

■「無料」を軸にしたビジネスモデルとは?クリス・アンダーソン氏が「フリー」という書籍の中で論じた、「無料」を軸にしたビジネスモデルについて、考えてみたいと思います。ビジネスに「無料」を取り入れている古典的な例として思い浮かぶのは、不動産業者等が行っている駅前や街角で配布しているティッシュ配りがありま...

≫続きを読む

オープン・イノベーション

■オープン・イノベーションとは?オープン・イノベーションは、カルフォルニア大学バークレー校のヘンリー・チェスブロウ氏が提唱した考え方です。<クローズド・イノベーションの限界>自社の技術・能力・資源に頼ったクローズド・イノベーションは競争優位性を生み出すことが難しくなってきています。QCD(品質、コス...

≫続きを読む

新しい技術


トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール