企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

戦略実行に当たっての10の観点

戦略実行にあたっての10の観点

■戦略実行に当たっての10の観点
いくら正しい戦略を立案してもそれが実行されなければ、全く意味をなしません。また、やることは分かっていても、どうのように実行すれば良いか分からないということは、往々にして起こることだと思います。参考文献にあった、戦略実行上必要な10個の観点は参考になる部分もあるかと思いましたので、項目ごとに考えてみたいと思います。

<人事>
@適切な戦略実行のために強いリーダーシップを持った人財を育成する
戦略を実行していくためには、変革に対して前向きに取り組み、周りの人を巻き込んでいけるリーダーシップを発揮できる人財が必要となります。そのような人財の育成を戦略立案に合わせて行っておくことが必要となります。良く行われることは、戦略立案の段階から、戦略実行の中心となるメンバーをチームに加えておくことでリーダーとしての自覚を促すことです。

A戦略実行のために適切な人財を採用する
戦略を実行してくためには、既存の人財では賄えないような新しいスキルを持った人財が必要になることもあります。そのような場合には、外部からそのようなスキルを持った人財を採用することが必要となります。

<ルール・プロセス>
B戦略実行のために十分なリソースを配分する
戦略実行に必要な人的、財務的、物理的(建屋等)リソースを適切に配分していくことが必要となります。

C戦略を推進するための施策や手順を構築する
戦略を具体化するための具体的な施策や手順、KPIを設定していきます。この中には、PDCAサイクルを折り込んだモニタリング体制を築くことも含まれます。

D継続改善のためのベスト・プラクティス、及び業務プロセスを選定する
戦略が一過性の成果に終わらずに継続的な改善へと繋がるように参考とするベスト・プラクティスを決定することや業務プロセスを適切に定義する必要があります。

E戦略実行を支援する情報・オペレーションのシステムを導入する
必要に応じて、戦略実行を支援する情報システムの導入を考える必要があります。このことは、IT技術が日々進化していることに加えて、AI技術が台頭してきている状況において、戦略の実行面を支える重要なファクターと言えます。

F戦略及び財務目標に向けて、報酬体系を整備する
戦略・財務目標の達成を促すべく、報酬体系を整備する必要があります。戦略に適った行動・活動を促すような報酬体系の定義が必要となります。

G戦略実行を促す企業文化を醸成する
戦略実行を促進するような企業文化を醸成する必要があります。戦略目標を達成した個人・ユニットを表彰するような仕掛けなどが考えられます。

<組織>
H戦略に適った組織構造を築く
戦略を実行するために適切な組織構造を築く必要があります。例えば、営業生産性を向上するためにエリアごとに統括する組織を作ることや戦略の実行を主導する経営企画室作ることなどが考えられます。また、従来のヒエラルキー型の組織からマトリクス型の組織へ大規模に変更すること等も戦略実行に当たっては必要となるかもしれません。

I戦略実行を成功させるための組織力を身に着ける
ここでの組織力とは、戦略実行をするために必要な組織の能力のことで、場合によっては、マーケティング的な観点であったり、社内コミュニケーションであったりと@〜Hまでの項目を実行することによって総合的に向上するものと捉えられます。

このように、戦略実行に当たっては、様々な観点を考慮する必要があります。ただし、@〜Iまで全てできていないと実行できないということではなく、企業の状況に応じて重点的に取り組むべきポイントは変わってくると思いますので、どこに注力すべきかを見極めることが重要となってきます。

[参考文献]
Thompson A. Jr., Peteraf. M. A., Gamble J. E., Strickland. A. J., Crafting and Executing Strategy, Thompson, Strickland, Gamble, 18th edition, McGraw Hill Publishing.
限定セミナーの詳細はこちらをクリック↓

戦略実行に当たっての10の観点

限定セミナーの詳細はこちらをクリック↑

戦略実行に当たっての10の観点


トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール