企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

戦略

戦略記事一覧

SWOT

■SWOTとはSWOTとは、経営戦略を立案する際に活用するフレームワークの一つで、以下の4つの分析観点の頭文字を合わせた造語となっています。Strengths:強みWeaknesses:弱みOpportunities:機会Threats:脅威「強み」と「弱み」は自社の内部環境に対する分析、「機会」と...

≫続きを読む

ファイブ・フォース(Five Force)

■ファイブ・フォース分析とはファイブ・フォース分析とは、新規事業の参入分析、事業撤退の分析等の際のフレームワークとして、ポーター教授によって提唱されたものです。以下の5つのファクターを分析することにより、事業の参入・撤退の検討・意思決定をより合理的に行うことができるようになります。これらのファクター...

≫続きを読む

3C分析

■3Cとは?3Cとは、企業の戦略立案等の際に使用されるフレームワークです。英語の頭文字がCである自社(Company)、顧客(Customer)、競合他社(Competitor)という3つの観点を合わせて3Cと呼ばれております。自社(Company)が内部環境分析、顧客(Customer)、及び競合...

≫続きを読む

ランチェスター戦略

■ランチェスター戦略とは?ランチェスター戦略は「武器の性能が同じならば、兵力数の多い方が勝つ」という考えを基本として作られており、第一法則と第二法則があります。【第一法則】伝統的な戦い方においては互いに損害は同じということを前提とし、戦い方によっては弱者にも勝利の可能性があり、「弱者の戦略」と呼ばれ...

≫続きを読む

PEST(ペスト)分析

■PEST分析とは何か?企業の戦略は、内部環境と外部環境を分析し、機会・脅威を踏まえて策定していきます。この戦略策定の際の両輪の一つである外部環境を分析する際には、マクロ的な視点とミクロ的な視点があります。ミクロ的な視点としては、市場や競合の分析を行います。PEST分析はマクロ的な外部環境を分析する...

≫続きを読む

コア・コンピタンス

■コア・コンピタンスとは何か?コア・コンピタンスとは、企業の持つ卓越した能力のことを指します。捉えどころがない言葉ではありますが、ジェイ・バーニー氏は、@価値、A希少性、B模倣性、C組織について考察することを提唱しています。@価値企業が顧客に大きな価値を提供できているか?また、競合他社と異なる価値を...

≫続きを読む

価値連鎖(バリュー・チェーン)と活用方法

■価値連鎖(バリュー・チェーン) とは?価値連鎖(バリュー・チェーン)とは、マイケル・E・ポーター教授が提唱している古典的なフレームワークです。企業の活動の全体感を把握するために、バリュー・チェーンは有用な考え方です。バリュー・チェーンの考え方の肝になってくるのは、企業の活動を抽象化して表すことです...

≫続きを読む

事業連鎖(ビジネス・チェーン)と活用方法

■事業連鎖(ビジネス・チェーン) とは?事業連鎖(ビジネス・チェーン)とは、価値連鎖(バリュー・チェーン)が企業内の価値の連鎖(例: 研究・開発→製造→マーケティング→営業)を表しているのに対して、1企業を超えた業界全体の事業の連鎖(例: 川上→川中→川下→消費者)を表しています。■事業連鎖(ビジネ...

≫続きを読む

戦略実行に当たっての10の観点

■戦略実行に当たっての10の観点いくら正しい戦略を立案してもそれが実行されなければ、全く意味をなしません。また、やることは分かっていても、どうのように実行すれば良いか分からないということは、往々にして起こることだと思います。参考文献にあった、戦略実行上必要な10個の観点は参考になる部分もあるかと思い...

≫続きを読む

ポーターの基本戦略

■Generic Strategy (ポーターの基本戦略)とは?マイケル・ポーター氏が提唱したポジショニングの基本戦略について考えみたいと思います。ポーター氏の基本戦略とは、下記イメージ図の通り、「競争優位」と「戦略ターゲット」の2軸からなります。まず、横軸の「競争優位」は、競合他社に対する優位性に...

≫続きを読む

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)

■プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントとは?プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)は、米国のコンサルティング会社のボストンコンサルティング・グループ(BCG)が提唱したフレームワークです。市場の成長性と市場シェアを2軸にした4象限のマトリクスとなっております。@スター市場の成長性も市...

≫続きを読む

7S

■7Sとは?7Sとは米国のコンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーが提唱した、企業戦略の立案から実行に至るまでの主要な要素を表したものです。7つの項目があり、各々の要素が複雑に連携しあっています。大きくハード面とソフト面に分けられます。<ハード>@Strategy(戦略)外部環境と内部...

≫続きを読む

パラダイムシフト

■パラダイムとは?ジョエル・バーカー氏がその著書(参考文献)の中で「パラダイムとはルールと規範であり、@境界を明確にし、A成功するために、境界内でどう行動すればよいかを教えてくれるものである。」と述べています。パラダイムとは、スポーツに例えるとルールのようなものです。例えば、サッカー選手は、サッカー...

≫続きを読む

プラットフォーム戦略

■プラットフォームとは?プラットフォームとは、電車等が停車して乗客が乗り入れする場を意味しておりましたが、近年、ビジネスにおいても使用されるようになっています。プラットフォームを提供している企業の例として、Amazon、楽天、Facebook、ランサーズ、グリー等があげられます。これらの企業は、自ら...

≫続きを読む

ブルー・オーシャン戦略

■ブルー・オーシャン戦略とは?ブルー・オーシャン戦略とは、INSEADのW・チャン・キム教授とレネ・モボルニュ教授の著書の中で展開されている戦略です。まず、ビジネスの市場はレッド・オーシャンとブルー・オーシャン二つの市場に分けられています。レッド・オーシャンライバル企業が互いに競い合っている既存の市...

≫続きを読む

バランス・スコアカード(概要)

■バランスト・スコアカード(BSC)とは?バランスト・スコアカード(BSC)とは、端的には「戦略の策定・推進・評価をするためのフレームワークである」ということができるのかと思います。バランスト・スコアカード(BSC)を活用した経営のイメージは以下の5ステップになります。@ビジョン・ミッションの策定経...

≫続きを読む

バランスト・スコアカード(成功に導く5原則)

キャプラン氏とノートン氏が提唱しているバランスト・スコアカードは、戦略立案から実行までをサポートするフレームワークです。このフレームワークは、創業者のクリエイティビティーや強烈なリーダーシップだけでは、企業を推進することが難しくなってきた中小企業・中堅企業にとっても有用なアイデアを示していると思いま...

≫続きを読む

バランスト・スコアカード(戦略マップ)

■戦略マップとは?バランスト・スコアカードにおける戦略マップとは、「財務の視点」を起点として、「顧客の視点」、「内部の視点」、「成長と学習の視点」を並列に配置して、戦略項目を記述したものです。下記イメージは簡易なものですが、各視点における戦略項目と各戦略項目のつながりを可視化したものとなります。■戦...

≫続きを読む

バランスト・スコアカード(位置づけ)

■バランスト・スコアカードの位置づけキャプラン氏とノートン氏が提唱するバランスト・スコアカードの位置づけについて考えてみたいと思います。まず、戦略とはマネジメント・プロセスの中で独立してあるべきものではないと述べられています。これは、考えてみれば当たり前のことなのですが、単に戦略を立案しただけでは、...

≫続きを読む

バランスト・スコアカード(企業成長との兼ね合い)

■バランスト・スコアカードの適不適どのような戦略やフレームワークにも当てはまることだと思いますが、バランスト・スコアカードにも適用することに適した企業とそうではない企業があると思います。ここでは、グレイナー博士が提唱している「企業成長の5つのフェーズ」に従って考えみたいと思います。「企業成長の5つの...

≫続きを読む

アンゾフのマトリクス

■アンゾフのマトリクスとは?長く生き残っている企業は、同じ事業を続けているのではなく、環境の変化によって新しい事業に乗り出してそれを成功させている企業といえるかもしれません。今は、自動車メーカーとして名を馳せいているトヨタ自動車社も元々は紡績機械の製造をしておりました。また、インターネットの検索技術...

≫続きを読む

孫子

■孫子とは?孫子とは、約2,500年前の呉という国の兵法家であった孫武の思想を纏めた兵書であるとされています。孫武が生きた時代は春秋時代と呼ばれ、戦争が激しく行われた戦国時代でそこで磨き上げられた思想です。個人的には、ビジネスを戦争に例えるのは、好きではありません。ビジネスの良いところは、負けても命...

≫続きを読む

V字カーブ

■V字カーブとは?V字カーブとは、横軸に事業規模、縦軸に収益性をとり、企業をプロットしていくと、下記イメージのようにV字のカーブで近似されるという考え方です。事業規模が大きいリーダーとニッチャーの企業群は比較的高い収益性を示しますが、事業規模が中途半端なフォロワーの収益性は相対的に低くなるというもの...

≫続きを読む

アドバンテージ・マトリクス

■アドバンテージ・マトリクスとは?アドバンテージ・マトリクスとは、コンサルティング会社のボストン・コンサルティング・グループが考案した競争環境を分析するフレームワークです。縦軸に競争要因の数、横軸に優位性構築の可能性をとり、事業のタイプを@規模型事業、A特化事業型、B分散型事業、C手詰まり型事業の四...

≫続きを読む

選択と集中

■選択と集中とは?選択と集中とは、自社がリソースを投入する事業を選択して、その事業にリソースを集中することです。1980年代にジャック・ウェルチ氏がCEOであった時代のゼネラル・エレクトリック社は選択と集中を大胆に行いました。同社は世界でNo.1かNo.2以外の事業からは撤退するという方針を掲げて、...

≫続きを読む

供給連鎖(サプライ・チェーン)とSCM

■サプライ・チェーンとは?物の流れの基本である受発注と納品が、単一企業に閉じた状態ではなく、企業間を跨いで実施されている状態を供給連鎖(サプライ・チェーン)と呼んでいます。具体的なイメージとして、例えば消費財業界のサプライ・チェーンは、以下のようになります。製造メーカー → 卸売業者 → 小売業者 ...

≫続きを読む

「バリュー・チェーン」と「ビジネス・チェーン」と「サプライ・チェーン」

■「バリュー・チェーン」と「ビジネス・チェーン」と「サプライ・チェーン」とは?「バリュー・チェーン」と「ビジネス・チェーン」と「サプライ・チェーン」について、似たような考え方・呼称であり、混乱しがちな考え方であるため、各々特徴を比較しながら概要を見ていきたいと思います。まず、@バリュー・チェーンはマ...

≫続きを読む

戦略


トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール