企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

企業成長の5つのフェーズ(フェーズ2:指示と自主性)

企業成長の5つのフェーズ(フェーズ2:指示と自主性)

■指示による発展期
グレイナー博士が提唱する企業成長の5つのフェーズの2番目のフェーズは、指示により発展し、自主性を促す改革が必要とされています。このフェーズにおいて、企業は強力なマネージャーの指示によって発展をしていき、以下のような特徴を有します

 

・製販の機能を分けるために機能的な組織が採用され、仕事の依頼はより専門的になっていきます。
・在庫、及び調達の会計システムが導入されます。
・インセンティブ、予算、仕事の標準化が取り入れられます。
・コミュニケーションは、役職の階層が構築されることによりフォーマル、且つ非個人的な形態となります。
・新任のマネージャーやその上長は、指示を出すことを主な役割としており、それ以下のメンバーは自律的な意思決定よりも専門的な機能を果たすことを期待されます。

 

フェーズ2のこれらの特徴は、強力な指示により組織が発展をしていくことの結果として表れてきます。

 

■自主性の欠如
強力な指示による着実な発展の一方で、組織は徐々に複雑性と多様性を増していきます。すると、指示を出す、上位レベルのマネージャーよりも低いレイヤーの現場により近いメンバーの方が、マーケットの動きや製造現場のことをより詳しく把握している状態となっていきます。このことにより、低いレイヤーのメンバーは縦割り組織を窮屈に感じ、また、働きにくいと感じるようになります。しかし、低いレイヤーのメンバーに自主性が育っていないため、指示待ちの状態となりがちで組織全体がマーケットの動きや製造現場に即した動きが出来なくなります。

 

■自主性を促す改革
このように、組織に自主性を促す改革の必要性が生じてくるのです。解決策は、権限委譲を進めていくことです。しかし、マネジメント層は、これまで細やかな指示を出して結果を残してきたという成功体験があり、中々権限委譲へ踏み切ることができません。また、現場レベルのメンバーも自主的に動くことに慣れておりません。結果として、創業者は、中央集権の組織構造、意志決定に固執し、限界を感じたメンバーは組織を離れ、自主性を促す改革に失敗してしまいます。
自主性を促すように改革を前に進めるためには、中長期の戦略と戦略に基づく組織構造の検討・設計と各レイヤーの役割と責任を明確にする必要があります。その上で、その役割と責任が実行されるような人事制度を整えていく必要があります。また、実行に際しては、社員にしっかりとアナウンスをしていく必要があります。繰り返しのコミュニケーションと教育により、権限委譲と自主性が組織に根付いていきます。

 

企業成長の5つのフェーズ(フェーズ2:指示と自主性)

(引用)Greiner. L. E (1998). Evolution and Revolution as Organizations Grow. Harvard Business Review.に基づき作成

 

[参考文献]
Greiner. L. E (1998). Evolution and Revolution as Organizations Grow. Harvard Business Review. https://hbr.org/1998/05/evolution-and-revolution-as-organizations-grow

限定セミナーの詳細はこちらをクリック↓

企業成長の5つのフェーズ(フェーズ2:指示と自主性)

限定セミナーの詳細はこちらをクリック↑

企業成長の5つのフェーズ(フェーズ2:指示と自主性)


トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール