企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

ミンツバーグの経営上の10の役割

ミンツバーグの経営上の10の役割

■経営上の10の役割とは?
経営上の10の役割とは、1990年に経営学者のヘンリー・ミンツバーグ教授が自著の中で提唱したものです。経営者やマネージャーには、多様な役割を期待され、こなしていく必要がありますが、共通して必要とされる役割を10に纏めています。10の役割は大きく3つのカテゴリー(対人関係、情報伝達、意思決定)に分けることができます。

ミンツバーグの経営上の10の役割


カテゴリーごとにそれぞれの役割を説明してきます。

■対人関係のカテゴリー
@傀儡
社会上、形式上、法律上責任を担っている上長。周りの人は、何かしらの気付きを与えてくれる人物として、また権威がある人物として接してきます。
Aリーダー
会社全体・部門・チームのリーダー。従業員・メンバーのパフォーマンスをマネジメントし、責任を負っています。
Bリエゾン
社外、社内の関係者とのコミュニケーションの担い手。組織にとってプラスとなるように効果的にネットワークを築く必要があります。

■情報伝達のカテゴリー
Cモニター
会社、業界等の内部・外部環境の変化の監視役。生産性と福利厚生が両立するように従業員・チームをマネジメントする必要があります。
D情報提供
従業員や同僚に有益な情報を提供する必要があります。
E広報
社外の人たちに向けて、組織のことを伝達する責任があります。

■意思決定のカテゴリー
F起業家
組織の変革と創造の担い手。問題解決と新しいアイデアの創造を主導していきます。
G調停
組織に想定外の出来事が起こったときの責任者。論争や衝突の調停も行う必要があります。
Hリソース配分
組織のリソースが適切に配分されるように意思決定します。このリソースには、人的、財務的リソースを含めた様々な組織のリソースが含まれます。
I交渉
組織、部門、チーム内で発生する重要な交渉について責任を負い、ときには指示を出す必要があります。

■まとめ
以上のように、経営者・マネージャーに求められる役割は多岐に渡りますが、総じて組織を運営において費用対効果の高い役割が求められています。

また、当然ですが、形式的に決まったやり方があるものではなく、状況に応じて必要とされている役割を担っていく必要があります。

個人的には、Cのモニターが経営者にとって常時、もしくは定期的に求められている役割だと考えております。

適切に内部・外部環境をモニターすることにより、状況の変化や問題・課題を把握する必要があるからです。

そのうえで、状況に応じて他の9つの役割のいずれかを時には同時並行で担っていく必要があるのだと思います。

[参考サイト]
Mintzberg's Management Roles. Minds Tools.  https://www.mindtools.com/pages/article/management-roles.htm

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)
コミュニケーションの阻害要因(フィルター)
組織変革におけるコンサルタントの活用
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
公平感・納得感の醸成
ファヨールの管理原則
マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
業務改善の手法
X理論-Y理論
リーダーシップの要点
クロス・ファンクショナル・チーム
競争優位に貢献する人間の能力
見える化(4つのバリエーション)
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
見える化すべき3つの情報
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)
サービス生産性改革E(施策の優先順位)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 今週のコラム! お問い合わせ先 プロフィール