企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

サービス生産性改革E(施策の優先順位)

サービス生産性改革E(施策の優先順位)

サービス生産性改革E(施策の優先順位)

 

■実行に当っての留意点
サービス生産性改革D(業務一覧)にあるように、サービス生産性改革では、業務一覧を活用して業務の可視化、課題や施策の洗い出しを行っていきます。

 

施策の洗い出しまで終わった後には、施策を実行に移していくことが必要となります。

 

施策を実行する際の留意点は、「誰が」、「いつまでに」、「何を」実施するのかということを明らかにするということです。

 

これらが決まっていないと、課題と施策が明確になっていても、絵に描いた餅で、実行されずに終わってしまいます。

 

また、闇雲に全てを実行しようとすると、限りある組織内のリソースでは対応できずに実行がとん挫してしまうことにもなりかねません。

 

そして、「何を」、「いつまでに」ということを決定していく場合には、施策の優先順位を明確にしておくことが重要となります。

 

施策の優先順位が明確になっていれば、Aグループの施策は向こう半年間の間に重点的に取り組み、Bグループの施策についてはその次の半年間で取り組み、Cグループについて少し保留しようというようにメリハリをつけた施策の実行が可能となります。

 

ではどのように、施策の優先順位を決めていけばいいのでしょうか?

 

■施策の優先順位
施策の優先順位を決めていく際の一つの方法は、「施策の効果」と「実行の難易度」を天秤にかけて優先順位を決めていくことです。

 

効果が大きい施策から実施してくことは、理に適っており、間違えではありません。

 

しかし、いくら効果が大きくても実行に大きな投資が必要な施策であれば、すぐに実行することは難しいので、一旦優先順位を下げて対応をするという判断をすることが必要となるかもしれません。

 

■まとめ
以上のように、施策を実行する際には、「誰が」、「何を」、「いつまでに」実行するのかということを明らかにしていく必要があります。

 

そして、「何を」、「いつまでに」するのかということを決定にする際には、各施策の優先順位が明確になっている必要があります。

 

優先順位を決める際には、「施策の効果」と「実行の難易度」を天秤にかけて決めていくことが一つの方法として考えられます。

限定セミナーの詳細はこちらをクリック↓

サービス生産性改革E(施策の優先順位)

限定セミナーの詳細はこちらをクリック↑

サービス生産性改革E(施策の優先順位)

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)
コミュニケーションの阻害要因(フィルター)
組織変革におけるコンサルタントの活用
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
公平感・納得感の醸成
ファヨールの管理原則
マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)
ミンツバーグの経営上の10の役割
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
業務改善の手法
X理論-Y理論
リーダーシップの要点
クロス・ファンクショナル・チーム
競争優位に貢献する人間の能力
見える化(4つのバリエーション)
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
見える化すべき3つの情報
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール