企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

見える化すべき3つの情報

見える化すべき3つの情報

■見える化すべき3つの情報とは
「見える化」とは何かというと、問題解決のために必要となる情報を可視化するという見方をすることもできます。また、「見える化」で扱われる情報はその性質上多岐にわたり、どのような情報が扱われているのかということを把握しておくことも「見える化」を推進するにあたり重要となります。

遠藤功氏の著書の「見える化」で紹介されている「見える化すべき3つの情報」に基づいて、情報のタイプについて考えてみたいと思います。

「見える化」すべき3つの情報のタイプは以下のとおりです。

@信号情報
A基礎情報
B支援情報

各タイプについて、「目的」、「情報内容」、「情報量」、「ツール」の観点で概要をみていきたいと思います。

見える化すべき3つの情報

(引用)「見える化」(2005, 遠藤功)に基づいて作成


■信号情報
<目的>問題発見
異常や問題が発生したこと、もしくは解決したことを知らせるために使用される情報で、事実をタイムリーに伝える即時性が重要になります。「問題の見える化」で必要となる「異常」、「ギャップ」、「シグナル」、「効果」を表す情報のほとんどがこのタイプに分類されるとしています。

<情報内容>信号/データ/現物
情報の内容は、信号、データ、現物と比較的に多岐にわたります。

<情報量>少
必要な情報をピンポイントで共有することになりますので、情報量は比較的に少なくなります。

<ツール>アナログ中心
情報量が少ないことや即時性が求められることから、デジタル情報ではなく、アナログ情報の方が適しているといえそうです。

■基礎情報
<目的>問題発見・解決
問題発見や解決を促すための網羅的・多面的な情報を意味します。

<情報内容>定量・定性情報
定量情報、定性情報の双方が含まれます。

<情報量>多
問題発見に資するための分析を行うため、情報量は多くなります。

<ツール>デジタル中心
情報量の多さからアナログ対応は現実的ではなく、デジタル情報を収集できるITシステムが必要となります。

■支援情報
<目的>問題解決
基礎情報で特定された問題を解決するために必要となる情報です。

<情報内容>定量情報
情報内容は定量情報が中心となります。

<情報量>中
特定の問題へアプローチするため、問題発見を目的とする基礎情報と比較すると情報量は少なくなり、中程度の情報量となります。

<ツール>デジタル・アナログの両方
ツールとしては、情報の量や質により、デジタルか、アナログかが分かれてきます。

■まとめ
以上のように、「見える化」を情報という切り口で分類した場合、「信号情報」、「基礎情報」、「支援情報」の3つに大別されるとしています。

「見える化」を検討する際には、何を目的として、どのようタイプの情報が必要なのかということを明確にすることで、無暗にITシステムを導入するというような無駄を省くことができるのではないでしょうか。

[参考文献]
遠藤功(著), (2005). 見える化. 東洋経済.

見える化すべき3つの情報

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)
コミュニケーションの阻害要因(フィルター)
組織変革におけるコンサルタントの活用
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
公平感・納得感の醸成
ファヨールの管理原則
マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)
ミンツバーグの経営上の10の役割
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
業務改善の手法
X理論-Y理論
リーダーシップの要点
クロス・ファンクショナル・チーム
競争優位に貢献する人間の能力
見える化(4つのバリエーション)
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)
サービス生産性改革E(施策の優先順位)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール