企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

見える化(4つのバリエーション)

見える化(4つのバリエーション)

■「見える化」とは
「見える化」という言葉は、昔から経営の現場で使われています。企業がある程度の規模に成長し、他の社員へ権限移譲が進んでくると経営者が会社の隅から隅まで全てを把握していくことが困難となります。

そして、経営者や経営幹部が会社の状態をタイムリーに把握することが困難となります。そのため、問題が発生してもそれに対する本質的な真因を分析して、解決策を提示することが難しくなっていきます。

そのため、ある程度の規模の会社の経営者からすると企業活動を見えるようにしてほしいという「見える化」への要望が発生するのは当然のことといえます。

しかし、この「見える化」という言葉、人によってその意味やニュアンスが異なっています。遠藤功氏の著書の「見える化」で紹介されているよく使われる4つのバリエーションを参考にしながら、「見える化」について考えてみたいと思います。

「見える化」の4つのバリエーションとは以下のとおりです。

@見える化
A看える化
B診える化
C観える化

■見える化
企業活動に必要な情報や事実、数値を「見える」ようにすること。見る側の意向に関わらず目に飛び込んでくることを目指したレベルです。当然、経営判断に資するためには、適切な分析、原因の把握が必要なり、このレベルのままでは不十分ですが、事実・数値が集まらないことには次のステップに進むこともできませんので、最低限の状態だということができるのかもしれません。

■視える化
単に事実や数字を把握するだけでなくて、更に「掘り下げてよりよく見ようという」というときには、「視える化」という言葉が使われるようです。数値等を分析しながら事象が起こっている真因を突き止めようとする際のニュアンスです。

そして、この段階にきて、ようやく経営判断に活用できる状態に経営が「視える化」されてきているといえるのかもしれません。

■診える化
「視える化」と似ていますが具体的な問題を特定するために更に「細部を見よう」とすることだそうです。例えば、健康診断をして血液の数値に異常が見られたので、更に腹部エコーを使用してモニターを見ながら診断をしていくというようなイメージです。

「視える化」で問題の特定をして、「診える化」で特定された問題に対する真因を明らかにしていくという関係性があるのかもしれません。個別具体的な問題を掘り下げて、具体的な解決策を立案してく際に必要なアクションです。

■観える化
細部を見ていくこととは逆に、全体を俯瞰して見ようとする際に使われる言葉です。

全体を俯瞰するようなフレームや指標に沿って経営全体を明らかにしていくことが「観える化」といえるのかもしれません。例えば、経営者が月次などで主要なKPIの動向を把握し、経営全体の状態を把握することがこの「観える化」にあたると言えそうです。

■まとめ
以上のように、「見える化」にはバリエーションがあり、使っている人によって意味やニュアンスが異なることが多い言葉です。そのため、「見える化」という言葉使われる際には、どのバリエーションについて議論しようしているのかを整理したうえ検討を開始したほうが実のある話ができるのかもしれません。

[参考文献]
遠藤功(著), (2005). 見える化. 東洋経済.

見える化(4つのバリエーション)

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)
コミュニケーションの阻害要因(フィルター)
組織変革におけるコンサルタントの活用
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
公平感・納得感の醸成
ファヨールの管理原則
マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)
ミンツバーグの経営上の10の役割
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
業務改善の手法
X理論-Y理論
リーダーシップの要点
クロス・ファンクショナル・チーム
競争優位に貢献する人間の能力
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
見える化すべき3つの情報
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)
サービス生産性改革E(施策の優先順位)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール