企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

リーダーシップの要点

リーダーシップの要点

■リーダーシップの要点
マーケティングの大家であるコトラー氏が著書の中で述べているリーダーシップ論はリーダーに必要な要素が網羅されているなと感じましたので、ポイントを7つにまとめました。

 

@意味を創造すること
「意味を創造する」とは、各々の領域の中で向かうべきゴールを見出すことと言えるかもしれませんし、ビジョンを描くことと言えるかもしれません。

 

決められた枠組み、与えられた枠組みの中で仕事をするのではなく、むしろ枠組みをつくりだしていくような役割を求められます。

 

具体的にはCEOであれば組織を設計することが求められますし、COOであれば設計された組織の中で最大限に資源を活用することが求められます。

 

Aアイデアを売り込むこと
意味・アイデアを創造したならば、それを必要な人に売り込むことが求められます。例えば、経営者であれば株主・従業員を巻き込むことが必要となってきます。

 

B教師でもあること
リーダーは、後継となるリーダーを育てていくことが必要だとしています。これに対しては、半分は同意しますが、同意しかねるなと感じる部分もあります。

 

それは、リーダーシップは、人から教えられるようなスキルではなく、自分からそのようになりたいというモチベーションを持っていることが重要だと思うからです。逆に、そのモチベーションがあれば、自分から学んでいくものだと思います。

 

他方、リーダーシップという能力は非常に特殊であるため、それを持っている人にだけしか伝えることができないこともあるかもしれませんので、その意味では、教育者であるということも必要なのかもしれません。

 

Cカリスマ性は不要
リーダーというと、カリスマ性があり人を引き付ける人物という印象を受けるかもしれませんが、一概にそうとも言えないようです。

 

このことは、ビジョナリーカンパニーという書籍にも記載されています。長く成長を続けるエクセレントカンパニーのCEOは、カリスマ性が必ずしもあるわけではなく、そのような企業を作るために必要なことは何かをじっくりと考えて、着実に実行していく人物だとしています。

 

また、老子も最上のリーダーは、「リーダーの存在を感じさせないような人物」であると喝破しているのもカリスマ性はリーダーに必要ないことに通じるように思います。

 

D自分よりも優れた人材の採用
リーダーは自分よりも優れた人材を集めるようです。鉄鋼王と呼ばれているカーネギーの墓碑には、「自分より賢き者を近づける術知りたる者、ここに眠る」という言葉刻まれているそうです。

 

また、真のリーダーはイエスマンを近くに置くことを嫌うようです。確かに、リーダーとして未確定な状況の中で意思決定をしていくときにイエスマンばかりが近くにいては、正しい判断をしていくことは困難となりますので、イエスマンを嫌う気持ちはわかる気がします。

 

E数字の分析だけでなく現場に赴くこと
机上の分析をすることは、非常に重要なことだと思います。静かに頭を働かせる時間を持つことで、アイデアを創造することも可能となります。

 

しかし、現場に赴いて実際に観ること、話を聞くことは同じくらいに重要なことです。これは、「百聞は一見にしかず」という言葉に集約されているのではないでしょうか。

 

実際に現場を見ることで得られる情報は、机上で得られる情報とは量も質も異なってきます。

 

F楽観主義者
リーダーは不確定な状況に対して、進むべき道を見出していくことが必要です。そのような場合に必ず必要となる姿勢は楽観的であることです。

 

京セラやKDDIの創業者の稲盛和夫氏は、「楽観的に構想して、悲観的に計画をして、楽観的に行動しなさい」という主旨ことを述べられています。

 

これも、計画を立てるときには悲観的に頭を働かせることが必要ですが、ビジョン・目標を立てるときや実行するときは、楽観的であることを勧めている言葉だと思います。

 

■まとめ
以上、コトラー氏が述べているリーダーシップの要点7つについて、考えてみました。リーダーとして、活動する立場にある方には参考となる部分もあるのではないでしょうか。

 

@意味を創造すること
Aアイデアを売り込むこと
B教師でもあること
Cカリスマ性は不要
D自分よりも優れた人材の採用
E数字の分析だけでなく現場に赴くこと
F楽観主義者

 

[参考文献]
フィリップ・コトラー(著),大川修二(訳),恩藏直人(監訳). (2003). コトラーのマーケティングコンセプト. 東洋経済新報社.

限定セミナーの詳細はこちらをクリック↓

リーダーシップの要点

限定セミナーの詳細はこちらをクリック↑

リーダーシップの要点

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)
コミュニケーションの阻害要因(フィルター)
組織変革におけるコンサルタントの活用
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
公平感・納得感の醸成
ファヨールの管理原則
マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)
ミンツバーグの経営上の10の役割
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
業務改善の手法
X理論-Y理論
クロス・ファンクショナル・チーム
競争優位に貢献する人間の能力
見える化(4つのバリエーション)
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
見える化すべき3つの情報
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)
サービス生産性改革E(施策の優先順位)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール