企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)

コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)

■組織変革のための8つのプロセス
組織変革のための8つのプロセスの一つ目である「@危機意識を高める」ことついて考えてみたいと思います。

@危機意識を高める
A変革推進のための連帯チームを築く
Bビジョンと戦略を生み出す
C変革のためのビジョンを周知徹底する
D従業員の自発を促す
E短期的成果を実現する
F成果を生かして、さらなる変革を推進する
G新しい方法を企業文化に定着させる


■@危機意識を高める
組織には、慣性の法則が働いています。慣性の法則は物理法則で、何も抵抗が無い状態で物体を動かすと同じ速度と方向に進み続けるという法則です。組織の慣性の法則も同様で、何かの圧力が加わらない限り、組織が変わるということは基本的にありません。変わらずにいる方がエネルギーを費やす必要ないためです。個人で考えれば分かりですが、初めてのことをやろうとすると、覚えることもあり努力が必要ですし、慣れるまでに時間がかかります。そのため、慣れた業務を変えることに抵抗感が生じるということになります。

慣性の法則が働いている組織を変えようとするには、どうすれば良いでしょうか?それは、組織の一人一人が変化の必要性を感じとり、どのように変化すればよいかを理解させ、実際に変化させる必要があります。

この変化を起こす時に重要なことが、組織の中の個人の意識を変えることです。変わることが嫌な人たちに変わってもらうためには「変わらなくては駄目なのだ」、「今は変わる時なのだ」と理解してもらうことが重要です。それこそが危機意識を高めるということだと思います。回りくどいようですが、その後の組織変革のプロセスの下地を作るような重要なプロセスです。

危機意識を高めるには幾つかの方法があります。
・赤字決算のような、財務指標を明らかにして、組織変革が必要であるとことを示す。
・競合の脅威にさらされており、座して待っていては市場シェアを奪われる可能性があることを示す。
・本社のロケーションを変更する。
・保養施設などを売却する等バランスシートを整理する。
・コンサルタントなどの外部人材を雇う。

何れにしても、社員にこのままでは、会社が無くなるかもしれない、職を失うかもしれないという危機意識を持たせることが必要になります。これが、組織変革の8ステップの@危機意識を高めるというステップです。

[参考文献]
ジョン・P. コッター(著), 梅津 祐良 (翻訳) (2002). 企業変革力. 日経PB社, P63-88.

コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)
コミュニケーションの阻害要因(フィルター)
組織変革におけるコンサルタントの活用
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
公平感・納得感の醸成
ファヨールの管理原則
マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)
ミンツバーグの経営上の10の役割
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
業務改善の手法
X理論-Y理論
リーダーシップの要点
クロス・ファンクショナル・チーム
競争優位に貢献する人間の能力
見える化(4つのバリエーション)
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
見える化すべき3つの情報
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)
サービス生産性改革E(施策の優先順位)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール