企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

業務改善の手法

業務改善の手法

業務改善には、色々な手法が存在します。ここでは、ベンチマーキングとベストプラクティス、BPR、TQM、シックス・シグマという手法について、概要の説明をしていきます。

■ベンチマーキングとベストプラクティス
まず、ベンチマーキングとは、他社の優れた製品・サービス、業務プロセスを継続的に測定し、自社のパフォーマンスと比較することです。また、ベストプラクティスとは、ある行動・結果(低コスト、品質やパフォーマンスの向上、時間短縮、安全性向上 等)を継続的に得るために最も効率の良い手法のことを指します。ベンチマーキングとベストプラクティスを活用した業務改善の例は以下の通りです。

@ベストプラクティスを明らかにするためにターゲット企業をベンチマーキングする
A自社にフィットするベストプラクティスを選定し、実際に実行する
B業界で一番、もしくは世界一の企業のパフォーマンスのベンチマーキングを継続する
Cそれらのパフォーマンスに近づくように業務を改善する

■BPR(Business Process Re-engineering)
Business Process Re-engineering(BPR)とは、日本語では業務改善や業務改革と言われます。BPRは、劇的なパフォーマンスの向上に向けて、業務プロセスの再構築を行っていくことです。

BPRで良く行われる手法は、業務プロセスを業務フローや業務定義書に落とし込んで、各プロセスを削減・自動化(システム化)・変更・束てねることによって再構築していきます。

また、再構築をしていく過程で、組織横断チーム、先端技術、及び情報システムを活用していくこともあります。

■TQM(Total Quality Management)
Total Quality Management(TQM)は業務を継続的に改善するための仕組み・文化を作ることを意味します。小さなステップを積み重ねて、終わることのない改善を長期的に継続していきます。

■シックス・シグマ品質プログラム
不良品や業務プロセスの変質を減少させることによって、品質向上するために統計的手法を使用します。シックス・シグマの原則は以下の3つです。
@すべての仕事はプロセスである
Aすべてのプロセスは変質する
Bすべてのプロセスは変質を説明するためのデータを生み出している

■まとめ
BPR(業務改革)に対して、TQM、及びシックス・シグマ品質プログラムは改善活動に位置付けられます。

BPRと改善活動の違いは、BPRは1回で急激に組織・業務を変えるのに対して、改善活動は継続的に組織を改善していくというところです。

企業の文化や状況によって、BPRを選択するのか、改善活動を選択するのか違いが生まれていきます。

緊急性が高いような場合は、BPRが選ばれることが多いですし、緊急性が高くない場合には改善活動が適しています。

[参考文献]
Thompson A. Jr., Peteraf. M. A., Gamble J. E., Strickland. A. J., Crafting and Executing Strategy, Thompson, Strickland, Gamble, 18th edition, McGraw Hill Publishing.

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)
コミュニケーションの阻害要因(フィルター)
組織変革におけるコンサルタントの活用
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
公平感・納得感の醸成
ファヨールの管理原則
マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)
ミンツバーグの経営上の10の役割
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
X理論-Y理論
リーダーシップの要点
クロス・ファンクショナル・チーム
競争優位に貢献する人間の能力
見える化(4つのバリエーション)
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
見える化すべき3つの情報
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)
サービス生産性改革E(施策の優先順位)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 今週のコラム! お問い合わせ先 プロフィール