企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)

チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)

■チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)とは
タックマンモデルは、心理学者のタックマンが唱えたチームの組成に際して、チームがどのように形作られていくのかを説明しています。会社を経営していくときには、組織を新設することや組織革新のためにプロジェクトチームを組成することが必要なケースが多々あると思います。そのようなときに、一般的な組織・チームの進化の過程を頭に入れて置くことで、組織・チームを率いる際に参考となる部分もあるかと思います。
このモデルでは、チームの進化を下記5つのステップで説明しております。

@形成期
A混乱期
B標準機
C成熟期
D散会期

@形成期
組織・チームが組成された直後の状況です。何故、チームが組成されたのか、目的は何かを各チームメンバーが十分に理解しておらず、チームメンバーがどのような能力や性格でどのように作業を進めることが有効なのか各々のメンバーが分かっていない状態です。

A混乱期
各メンバーが成果を出そうと動き始めた状態です。チームの連携は考えず、自分が成果をあげるのだというエゴイスティックな動機で一人一人が動くため、チームは混乱をします。メンバー間の不和が起こっているような場合には、チームのパフォーマンスという観点では、@形成期よりも低くなる場合もあります。特にリーダー的な立場の人間は、チームの進化の仮定でこの混乱期が表れるということを把握しておくことが重要と思います。混乱期の状態で一時的にパフォーマンスが落ちたとしても、進化の仮定であると認識しておくことで心の余裕もできるというメリットもあると思います。

B標準期
チームメンバーがチームの目指すべき目的を理解し始めて、お互いの能力や性格を認識し始めた状態です。このタイミングで、各チームメンバーの役割や求められる作業が明確になっていきます。各人の役割分担を決定していく際に、リーダーシップを持ったリーダーによって、チームが率いられていくことになる場合が多いと思います。

C成熟期
リーダーが確立されて、各人の役割、及び作業が標準化されている状態で、組織・チームとしては、最もパフォーマンスを発揮できる状態です。いかにして、混乱期を少なくして、成熟期に組織・チームを率いるか、メンバーを編成するかがリーダー的立場の方の腕の見せ所と言えるかもしれません。

D散会期
目的を達成することにより、若しくは時間的な制約等により、チームの役割が終わりチームは解散となり、各メンバーは別のミッションに向けて動きだす状態です。

このように、組織・チームの規模や目指すべき目的、メンバー構成によって、各ステップの期間や状態は変わってはいきますが、概ね形成・混乱・標準・成熟・散会の流れでチームは変遷していくように思います。

チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
コミュニケーションの阻害要因(フィルター)
組織変革におけるコンサルタントの活用
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
公平感・納得感の醸成
ファヨールの管理原則
マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)
ミンツバーグの経営上の10の役割
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
業務改善の手法
X理論-Y理論
リーダーシップの要点
クロス・ファンクショナル・チーム
競争優位に貢献する人間の能力
見える化(4つのバリエーション)
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
見える化すべき3つの情報
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)
サービス生産性改革E(施策の優先順位)

初めての方へ セミナー情報 コンサルティング 今週のコラム! お問い合わせ先 代表プロフィール