企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

コミュニケーションの阻害要因(フィルター)

コミュニケーションの阻害要因(フィルター)

■組織における効果的なコミュニケーションの阻害要因
「組織行動のマネジメント(参考文献参照)」において指摘している効果的なコミュニケーションを阻む要因として、以下の6つがあげられております。

・フィルターをかける
・選択的認知
・情報過多
・性別によるコミュニケーション・スタイル
・感情
・言語

この中で、組織において効果的なコミュニケーションを阻む理由となりがちであると感じている「フィルターをかける」ということについて、考えていきたいと思います。

■フィルターをかけるとは?
コミュニケーションにおいて、フィルターをかけるとは、A氏からB氏へ情報を伝達する際に、A氏が情報の取捨選択をして偏った情報をB氏に伝達してしまい、正しく情報が伝わらないことを指します。これにより、経営上の意志決定に誤りが発生することや、意思決定が遅れ、組織にとって大きな損失になる可能性もあります。

■なぜフィルターがかかってしまうのか?
フィルターがかかってしまう原因は大きく3つあると考えます。
@上司と部下の関係性
情報にフィルターがかけられてしまう状態は、上司と部下の関係性により起こります。上記の場合には、A氏が部下でB氏が上司であるはずです。部下は上司に対して、悪い情報をなるべく伝えたくないという気持ちが働きます。これは、悪い情報を伝えることによって、上司であるB氏から何等かの注意を受けることや評価を下げられるというようなことを避けたい気持ちがあるためです。

A組織の階層が多階層であるため
組織の階層が多階層であると、現場担当者から課長、課長から部長、部長から事業本部長、事業本部長から取締役へとコミュニケーションが順次なされていくことになりますから、フィルターがかかる可能性は高まってしまいます。そのため、トップまで伝わる間に情報歪められてしまい、正しく現状を理解できないという悩みをもたれている経営者も多いのではないでしょうか。

B上司と部下の距離感
上記の上司と部下の関係性と似たような内容にはなりますが、そもそも上司と部下が物理的に離れている場合や顔を合わせる頻度が低い場合には、コミュニケーションの頻度が一段と低くなります。この場合においては、部下から上司への情報に対して、取捨選択を行いやすく、フィルターがかけられる可能性がより高くなるのではないでしょうか。

■フィルターを弱めるにはどうすれば良いのか?
コミュニケーションを阻害するフィルターを弱めるには、まずは、「バッドニュースほど早く伝える」ことを奨励し、悪いニュースを伝えたからと言って、評価が下げられるわけではないということを伝えることが必要です。また、組織が多階層になっているような場合には、水戸黄門ではないですが経営者が現場の状態を何らかの形で把握するような動きも必要になってくるかもしれません。また、階層間の上司と部下の間のコミュニケーションを円滑にする仕組みを構築することも必要となってきます。

[参考文献]
スティーブン P. ロビンス (著), 高木 晴夫(訳) (2009). 組織行動のマネジメント. ダイヤモンド社, P247-250.

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)
組織変革におけるコンサルタントの活用
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
公平感・納得感の醸成
ファヨールの管理原則
マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)
ミンツバーグの経営上の10の役割
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
業務改善の手法
X理論-Y理論
リーダーシップの要点
クロス・ファンクショナル・チーム
競争優位に貢献する人間の能力
見える化(4つのバリエーション)
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
見える化すべき3つの情報
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)
サービス生産性改革E(施策の優先順位)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 今週のコラム! お問い合わせ先 プロフィール