企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

公平感・納得感の醸成

公平感・納得感の醸成

■公平感・納得感がなぜ必要なのか?
M&Aの後の企業統合や組織変革のプロセスにおいて、必ず現れてくるのが抵抗勢力で、統合や変革を進める上で障害となってしまいます。この抵抗勢力をできる限り少なくして、変化を前向きに受け入れるメンバーを多くすることが統合、変革の成功に向けて重要となってきます。

 

どのようにすれば抵抗勢力を少なくできるのでしょうか?

 

これに答えるためには、人はなぜ物事に抵抗するのかを理解することが有効だと思います。

 

意思決定に対して、人が抵抗感を感じるのは、特定の組織やヒトが得をして、自分は損を被る立場にあると感じるような時ではないでしょうか。もしくは、意思決定が密室で行われ、自分達には選択の余地がないと感じるようなときではないでしょうか。

 

つまり、意思決定に対して不公平だなと感じることが一因となり、抵抗勢力となってしまうのだと思います。

 

そのため、組織変革のような、大きな変化を起こすときには、公平な過程を経て意思決定がなされることが求められます。少なくとも、そう受け取ってもらえる必要があると思います。

 

■公平感・納得感の醸成方法
意思決定にかかわる人々が公平感を持って、意思決定を受け入れることが出来るようになるためには、3つのポイントがあります。

 

@巻き込むこと
A説明すること
B期待値を伝えること

 

@巻き込むこと
これは、意思決定をする際になるべく多くの人、もしくは重要な人物を巻き込むことが重要であることを意味しています。

 

例えば、なるべく意思決定の場に参加してもらい、意見を言ってもらうようにすること等が含まれます。

 

人は巻き込まれることによって、意思決定に対して疎外感を感じずに当事者意識を持つことが出来ますので、やらされている感が少なくなり、逆に積極的にその意思決定を後押ししてくれる立場になるかもしれません。

 

A説明すること
次に意思決定がなされた背景や理由を明らかにして、関係者に説明することが重要です。

 

なぜ変革をしようとしているのか、どのように変わろうとしているのかを説明することにより、一部の組織やヒトを利するための変革ではなく、企業全体を活性化するために必要なことなのだと理解してもらえるため、公平感が強まることになります。

 

このことにより、理由も分からずに変革が進められることに比べると抵抗感はずっと小さくなっていきます。

 

B期待値を伝えること
3つ目に必要なことは、意思決定により、関係者に何を期待するのかを明確にすることです。

 

変革の意思決定に関係する人は少なからず変化や行動をすることを求められます。

 

そのため、何をして欲しいのかということを明確に伝えることにより、関係者が動きやすくなりますし、また協力も得られやすくなります。

 

このように、@巻き込むこと、A説明すること、B期待値を伝えることによって、組織の人々は公平感・納得感を持って、意思決定を受け入れることができるようになります。結果として、抵抗勢力の力は弱まり、変革や統合が前に進んでいくようになります。

 

[参考文献]
W. C. Kim and R. Mauborgne., (2003). Fair Process: Managing in the Knowledge Economy. Harvard Business Review.

限定セミナーの詳細はこちらをクリック↓

公平感・納得感の醸成

限定セミナーの詳細はこちらをクリック↑

公平感・納得感の醸成

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)
コミュニケーションの阻害要因(フィルター)
組織変革におけるコンサルタントの活用
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
ファヨールの管理原則
マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)
ミンツバーグの経営上の10の役割
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
業務改善の手法
X理論-Y理論
リーダーシップの要点
クロス・ファンクショナル・チーム
競争優位に貢献する人間の能力
見える化(4つのバリエーション)
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
見える化すべき3つの情報
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)
サービス生産性改革E(施策の優先順位)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール