企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

組織変革におけるコンサルタントの活用

組織変革におけるコンサルタントの活用

■組織変革の主導者は誰か
変革活動に対して最終的に責任を持つのは企業内部の経営者やマネージャです。しかし、変革の現場の主導するのは、企業内部の経営者・マネージャー・従業員のこともあれば、外部のコンサルタントであることもあります。大幅な組織変革が必要な場合には、外部からコンサルタントを活用して、変革に当たらせることが有用な場合もあります。

■外部コンサルタントを活用する場合の考慮点
外部コンサルタントを活用する場合に、どのようなことに留意すればよいのでしょうか?下記表に、変革のエージェントに内部人財を活用する場合と、外部コンサルタントを活用する場合のメリット・デメリットを記載しました。

組織変革におけるコンサルタントの活用

この表に記載の通りに、外部コンサルタントの活用には2つのメリットが考えられます。
@組織内部では気づくことが難しい外部ならではの視点で状況を分析することができるため、新しい視点で問題・課題を洗い出し・改善策を立案できることが期待できます。
A組織内部のしがらみがありませんので、大胆に成果に直結する施策を打ちやすくなります。

一方で、外部コンサルタントを活用することによるデメリットとして、以下の2点を考慮する必要があります。
@外部コンサルタントは組織の成り立ち・業務手順・文化を短時間で完全に把握することが難しく、実情からずれた分析結果となる懸念があります。
A外部コンサルタントは、組織内部のしがらみがないため、大胆な施策を打てる反面、そのことが性急すぎる変革となり、結果がついてこない懸念があります。

このように、組織変革においてコンサルタントを活用する際には、これらのメリット・デメリットを考慮して、自社の状況に照らし合わせて要否を決定する必要があります。

また、コンサルタントを活用するのであれば、変革プロジェクトを多数経験して、組織内部の文化・業務手順を考慮して、組織内の人財と協働できるコンサルタントを活用することが効果的となります。

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)
コミュニケーションの阻害要因(フィルター)
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
公平感・納得感の醸成
ファヨールの管理原則
マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)
ミンツバーグの経営上の10の役割
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
業務改善の手法
X理論-Y理論
リーダーシップの要点
クロス・ファンクショナル・チーム
競争優位に貢献する人間の能力
見える化(4つのバリエーション)
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
見える化すべき3つの情報
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)
サービス生産性改革E(施策の優先順位)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 今週のコラム! お問い合わせ先 プロフィール