企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

競争優位に貢献する人間の能力

競争優位に貢献する人間の能力

■競争優位に貢献する人間の能力とは?
コア・コンピタンスを提唱した、ハメル教授が自著「経営の未来(参考文献参照)」の中で論じている企業の優位性に貢献する人間の能力について考えてみたいと思います。抽象的な内容であるため、直ぐに何かを得られるという類の話ではありませんが、21世紀の経営や働き方を考えるときに重要な示唆があると思います。

まず、下記の図の通り、競争優位に貢献する能力として、「従順さ」、「勤勉さ」、「知性」、「自発性」、「創造性」、「情熱」の六つの能力があるとしています。

「従順さ」とは、会社や上司の指示にちゃんとと従うことを意味します。

「勤勉さ」は、日本においては特に美徳とされてきた一所懸命働くことです。

「知性」は、偏差値教育に代表される知識をどれだけ持っているかということを指しています。

「自発性」は指示待ちではなく自ら働きかけて仕事を作ることや問題解決しようとする能力のことです。

「創造性」とは、問題解決やイノベーションを起こすために、既存の枠組みではなく全く新しい視点や突飛なアイデアを考え出して形にしていく能力です。

「情熱」とは、自分が好きなことが分かっていて、それをやり遂げたいという思いと、意志の強さといっても良いかもしれません。

競争優位に貢献する人間の能力


■競争優位に貢献する人間の能力とは?
「経営の未来」の中では、「従順さ」、「勤勉さ」、「知性」という要素は競争優位に貢献する度合いが全体の2割程度しかなく、「自発性」、「創造性」、「情熱」が競争優位性生み出す能力の8割を占めていると述べられています。このことは、「従順さ」、「勤勉さ」、「知性」の価値が無いと言っているのではなく、これらの能力は探そうとすれば比較的に容易に探すことが出来る能力だからです。例えば、安価で従順で勤勉な労働力を得るために企業は発展途上国に製造拠点を移動することが出来ますし、知識が豊富であるという意味での知性についてはインターネットが登場してからその価値が低下してきていると言えます。

また、個人的な考えとしてAIやロボットが発達してくるときに真っ先に代替されていく能力が、「従順さ」、「勤勉さ」、「知性」だと考えています。他方、AIが持ちえない能力が好き嫌いといった感情やこうなりたいという意志だと思います。まさに、ハメル教授が優位性を築くために必要な能力だと言っている「自発性」、「創造性」、「情熱」と重なる部分だと思っています。

「自発性」、「創造性」、「情熱」がある人財をどのように採用し、引きつけるのか、またどのようにすればこれらの能力を引き出すことが出来るのかということに解を見出した企業が躍進していくことになると思います。筆者個人としても21世紀において必要とされるこれらの能力を引き出すことができる新しい仕組みについて、引き続き考え続けていきたいと思います。

[参考文献]
ゲイリー・ハメル, ビル・ブリーン(著), 藤井浩美(訳). (2008). 経営の未来. 日本経済新聞出版社.

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)
コミュニケーションの阻害要因(フィルター)
組織変革におけるコンサルタントの活用
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
公平感・納得感の醸成
ファヨールの管理原則
マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)
ミンツバーグの経営上の10の役割
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
業務改善の手法
X理論-Y理論
リーダーシップの要点
クロス・ファンクショナル・チーム
見える化(4つのバリエーション)
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
見える化すべき3つの情報
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)
サービス生産性改革E(施策の優先順位)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 今週のコラム! お問い合わせ先 プロフィール