企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)

マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)

■マネジメントの3スキルとは?
マネージャーの能力に関わる研究で知られるカッツ、ロバートL氏はマネジメントには3つのスキルが必要だと提唱しています。その3つとは、テクニカルスキル、ヒューマンスキル、コンセプチャルスキルの3つです。

テクニカルスキルとは、特定の業務を遂行するために必要となる技術的なスキルを指します。

ヒューマンスキルとは、他人や組織を理解し、動かすために必要となってくる対人スキルです。

コンセプチャルスキルは、企業の理念を考えたり、組織の方向性を示したり、戦略を練り計画策定をしていくためのスキルです。

■マネジメント階層ごとのスキル
この3つのマネジメントスキルは、様々なレイヤーのマネージャーにとって必要なスキルとなっております。面白いなと思う点は、下記の図に示している通り、マネジメントのレイヤーによって、必要となるスキルの占める度合いが変わってくるとしている点です。

マネジメントの3スキル(カッツ、ロバートL)


まず、ヒューマンスキルについては、トップマネジメント、ミドルマネジメント、第一線のマネージャーの全てのレイヤーのマネジメントにとって、同じような割合で必要とされています。しかも、その割合は、コンセプチャルスキルやテクニカルスキルの他の2つのスキルよりも高くなっています。

なお、コミュニケーションの対象は、経営者のようなトップマネジメントはミドルマネジメント、ミドルマネジメントは第一線のマネージャーと変わってきます。しかし、ヒューマンスキルはどのレイヤーにおいても最も必要なスキルととらえられています。

また、経営層であるトップマネジメントにおいては、コンセプチャルスキルの必要性の度合いが強く、テクニカルスキルの度合いが小さくなっています。

一方で、現場に近い第一線のマネージャーにおいては、テクニカルスキルの必要性の度合いが強く、コンセプチャルスキルの度合いが小さくなっています。

この必要なスキルの度合いは、業界や企業文化等によって変わってくるものだと思います。つまり、経営者のようなトップマネジメントにおいてもテクニカルスキルが重視されるケースはあると思います。

しかし、上図の通り、経営者にとってより重要なスキルはコンセプチャルスキルです。なぜならば、トップマネージャーは、コンセプチャルスキルが必要となる、企業の繁栄や発展の直接のカギを握る会社の理念や進むべき方向性を検討することが必要になるからです。

関連ページ

属人化
組織における全体最適と部分最適
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(概要)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(@危機意識を高める)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(A変革推進のための連帯チームを築く)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(Bビジョンと戦略を生み出す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(C変革のためのビジョンを周知徹底する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(D従業員の自発を促す)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(E短期的成果を実現する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(F成果を生かして、さらなる変革を推進する)
コッター教授の組織変革のための8つのプロセス(G新しい方法を企業文化に定着させる)
SMART(スマート)
MBO(Management by Objective)
チーム形成の5ステップ(タックマンモデル)
コミュニケーションの阻害要因(フィルター)
組織変革におけるコンサルタントの活用
二つの変化の潮流
プロセス・コンサルテーション(PC)
抵抗勢力
公平感・納得感の醸成
ファヨールの管理原則
ミンツバーグの経営上の10の役割
Arc of Distortion: 歪みの度合い(コミュニケーションギャップ)
業務改善の手法
X理論-Y理論
リーダーシップの要点
クロス・ファンクショナル・チーム
競争優位に貢献する人間の能力
見える化(4つのバリエーション)
見える化(4つの落とし穴)
見える化(5つのカテゴリー)
見える化すべき3つの情報
サービス生産性改革@(必要性)
サービス生産性改革A(目的)
サービス生産性改革B(やり方)
サービス生産性改革C(実行体制)
サービス生産性改革D(業務一覧)
サービス生産性改革E(施策の優先順位)

トップページ 初めての方へ セミナー情報 今週のコラム! お問い合わせ先 プロフィール