企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

4P

4P

■4Pとは
4Pとはマーケティングの観点で以下の4つの項目からなり、それぞれの項目を仔細に検討することでマーケティングにおいて考慮すべき点が網羅されます。

Product: 商品
Place:場所(チャネル)
Promotion:プロモーション
Price:価格

■Product:商品
商品戦略の観点では、売る商品が決まっている場合と売る商品が決まっていない場合があると思います。売る商品が決まっている場合には、商品の特徴を分析することが必要になります。SWOTのような強み、弱み、機会、脅威といった観点で分析すると良いかもしれません。この分析結果が、他の要素、価格(Price)、プロモーション(Promotion)、チャネル(Place)を検討していく際のインプットなります。
一方、売る商品が決まっていない場合に検討すべきは、どのように商品を調達するのかを決定することです。大きくは、サプライヤーから仕入れるのか、自社で製造するのかの二つに大別されます。商品を仕入れる場合には、いかに良質の商品をいかに安価で仕入れられるかの検討が必要になるでしょう。また、自社で製造する場合には、自社の強み、弱み、外部環境の機会、脅威といった観点を分析し、商品開発をしてくことが必要になります。

■Place:場所(チャネル)
Placeは直訳すると場所という意味ですが、販売チャネルと捉えると良いかもしれません。自社で店舗を持って販売するのか、流通業者を通じて販売するのか、通信販売で得るのか、e-commerceで販売するのか等を検討していくことになります。
自社で店舗を持つ場合と流通業者を通じて販売する場合では、それぞれメリット・デメリットがあります。自社のブランドを大切にしたい場合などは、自社店舗での販売をすることを選択するかもしれません。一方で、自社で営業部隊を組織するコストを抑えたい場合や流通業者の持つ比較的広範囲な販売網を活用したい場合には、流通業者による販売を選択する必要があるでしょう。
また、近年では、インターネットを活用したe-commerce(EC)を取り入れている企業が多く、チャネル戦略において無視することができない要素となっています。これら以外にも、自動販売機を利用すること等、商品や業界によって検討すべき販売チャネルは、変わっていきます。

■Promotion:プロモーション
プロモーション戦略については色々な手段があり、ケースバイケースでどの手段を用いるかを検討することが必要になってきます。プロモーションの手段としては、チラシを撒く、ダイレクトメールを送る、インターネット広告を出す、TV・ラジオ等のメディアに広告を出す、看板を出す、口コミを活用する、書籍を書く等の数多くの方法が考えられます。

■Price:価格
価格戦略についても薄利多売な場合とそうではないのかによって、値決めの方法が変わってくるでしょう。「値決めは経営」という言葉があるように自社にとって必要な利益を確保した上で、顧客が商品を購入したいと思えるギリギリのラインで価格を設定していくことが重要になってきます。価格設定をプロモーションの一環とすることも考えられます。例えば、初回限定の価格や季節ごとのセールなどがそれに当ります。

このように、Product、Place、Promotion、Priceの4つの観点を仔細に検討していくことで、ターゲットなる商品・サービスをいかに売っていくかというマーケット戦略が出来上がっていきます。
限定セミナーの詳細はこちらをクリック↓

4P

限定セミナーの詳細はこちらをクリック↑

4P


トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール