企業の成長をになう経営者のための経営コンサルティング・情報発信

マーケティング

マーケティング記事一覧

マーケティングの基本手順

■マーケティングの基本手順とは?マーケティングの権威であるフィリップ・コトラー教授が提唱しているマーケティングの基本手順について考えてみたいと思います。マーケティングの基本手順とは、以下の5つのステップとなっております。@R: 調査(Research)ASTP:セグメンテーション(Segmentat...

≫続きを読む

マーケティングのSTP

■マーケティングのSTPとはSTPとは、セグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)の頭文字の略称です。コトラー氏が提唱するマーケティングの基本手順の中で、外部・内部環境の調査の後に検討されるべき、マーケティング戦略の...

≫続きを読む

STP(セグメンテーション)

■セグメンテーションとは人は好みやライフスタイルが異なるため、よほど資源が豊富な大企業でない限り、製品やサービスを販売する際に全ての人を対象とすることはできません。特に、モノが不足していた時代と異なり、現在のような成熟時代において多くのモノはすでに行き渡っており、多様化してきているライフスタイルや好...

≫続きを読む

STP(ターゲティング)

■ターゲティングとは設定したセグメントにおいて、製品・サービスを提供していく対象を決めることをターゲティングと呼んでいます。セグメントごとに顧客・消費者が有する好みやニーズが異なってくるため、適切にターゲティングをすることがマーケティング戦略の優劣を決めるといっても過言ではありません。ターゲティング...

≫続きを読む

STP(ポジショニング)

■ポジショニングとはターゲットとするセグメントが決定された後は、そのセグメント上で競争優位性を確立するために自社の位置づけを明確にするポジショニングを検討する必要があります。ポジショニングでは、セグメント化された消費者・顧客のニーズにどのように対応するのかということを検討していきます。この際に有用と...

≫続きを読む

4P

■4Pとは4Pとはマーケティングの観点で以下の4つの項目からなり、それぞれの項目を仔細に検討することでマーケティングにおいて考慮すべき点が網羅されます。Product: 商品Place:場所(チャネル)Promotion:プロモーションPrice:価格■Product:商品商品戦略の観点では、売る商...

≫続きを読む

4C

■顧客視点の4Cとは?マーケティングにおける4Cとは、4Pに対応するフレームワークと言われています。4Pが製品・サービスの提供者(企業)側の視点なのに対して、4Cは顧客側の視点に立ったフレームワークです。別の言い方をすると、4Pは製品ありきのプロダクトアウト的な発想なのに対して、4Cは顧客のニーズを...

≫続きを読む

プロモーション戦略

■プロモーション戦略とは?マーケティングの4P(Product, Price, Place, Promotion)の一つの要素であるプロモーションの手段として、コミュニケーション・ミックスである広告、PR、人的販売、販売促進、クチコミの5つがあります。手段に加えて、プロモーションを実施する際には、予...

≫続きを読む

製品・サービスを構成する3要素

■製品・サービスを構成する3要素とはここでは、マーケティング・ミックスの4Pの一つの要素であるProduct(製品・サービス)の構成要素について考えてみたいと思います。マーケティングの大家であるコトラー氏は製品・サービスは3つの要素から成り立っていると主張しています。三つの要素とは、「コア」と「形態...

≫続きを読む

イノベーター理論

■イノベーター理論とは?イノベーター理論とは、社会学者であるエベレット・M・ロジャース氏が提唱したものです。新商品・新サービス導入の際に、市場(顧客)側をイノベーター、アーリーアダプター、アーリーマジョリティ、レイトマジョリティ、ラガードという5つのタイプに分類して、その特徴を論じています。@イノベ...

≫続きを読む

パイオニア vs フォロワー

■パイオニア / フォロワーとは?企業が新製品や新サービスを開発していくときの考え方として、パイオニアなのかフォロワーなのかという観点があります。パイオニアとは、この世になかった新しい製品・サービスを開発して、市場を開拓していくようなケースです。一方で、フォロワーとは、パイオニアのような先行するプレ...

≫続きを読む

プロダクトライフサイクル

■プロダクトライフサイクルとは?プロダクトライフサイクルとは、製品が生まれてから衰退してくまでを「導入期」、「成長期」、「成熟期」、「衰退期」の4つの段階に分けて論じたものです。当然、業界や製品によって、各段階を経るスピードは変わってはきますが、概ね全ての製品にあてはまる考え方です。各々段階でマーケ...

≫続きを読む

市場への参入タイミング

■市場への参入タイミングパイオニアvsフォロアーでも市場への参入タイミングについて書きましたが、ここでは、もう少し踏み込んで、プロダクトライフサイクルごとに参入タイミングを考えてみたいと思います。下記の表はプロダクトライフサイクルの段階ごとに(導入期・成長期・成熟期)新製品が成功したか失敗したかにつ...

≫続きを読む

先行者利益 (First Mover Advantage)

■先行者利益(First Mover Advantage)とは?First Mover Advantage(ファースト・ムーヴァー・アドヴァンテージ)(以下FMA)とは、日本語では先行者利益と表現されます。市場に参入していくタイミングは、Pioneer(パイオニア)とFollower(フォロワー)が...

≫続きを読む

価格設定のプロセス

■価格設定のプロセス?価格設定のプロセスについて、コトラー氏は6つのステップがあるとしています。【ステップ1】価格設定目的の明確化・価格設定をする目的が何なのかを明確にします。・価格設定の目的の例として、利益の最大化、シェアの最大化、品質のリーダーシップなどが考えられます。【ステップ2】需要の判断・...

≫続きを読む

価格設定の方法(原価志向型、競争志向型、需要志向型)

■原価志向型、競争志向型、需要志向型とは?京セラやKDDIの創業者である稲盛和夫氏は「値決めは経営である」と述べています。価格を決めるということは、それ程、難しく重要なものであるということを意味しているのだと思います。ここでは、原価志向型、競争志向型、需要志向型という価格を決定する際に基本となる3つ...

≫続きを読む

PSM分析

■PSM分析とは何か?PSM分析とはPrice Sensitivity Meterの頭文字から名付けられた呼称で、経済学者のPeter van Westendorp氏によって提唱されたものです。新商品・サービスの価格を決定するような際に、参考価格として使用されます。PSM分析を進めるためには、まず、...

≫続きを読む

需要の価格弾力性

■価格弾力性とは何か?通常、同一製品や同一サービスにおいては、価格が安ければ需要量は多くなり、価格が高ければ需要量は少なくなります。つまり、価格と需要量はトレードオフの関係にあります。この価格の変動によって、需要がどの程度変動するのかを示した指標が「需要の価格弾力性」と言われており、下記の式で表され...

≫続きを読む

新商品開発プロセス

■新商品開発のプロセスとは?売上アップや競争力向上において、新商品の開発は重要な要素となります。新商品開発プロセスの切り口として、出所のサイト(Innovation Excellence)にある8つのステップを参考に順を追って考えていきたいと思います。【ステップ1】アイデア創出市場の状況を踏まえて、...

≫続きを読む

レベニュー・マネジメント

■レベニュー・マネジメントとは?レベニュー・マネジメントは、元々は航空業界で生み出された手法で、「在庫を繰り越せない」という同じ特徴を有するホテル、レンタカー、輸送業界等にも広がっていきました。下記の図は、レベニュー・マネジメントのイメージを表しています。左側は、従来の価格設定を表しています。需要量...

≫続きを読む

アイドマ(AIDMA)の法則

■アイドマ(AIDMA)の法則とは?アイドマの法則とは消費者の購買心理が推移していく過程をモデル化した理論です。Attention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の5つの言葉の頭文字をとって、アイドマ(AIDMA)の法則と呼ばれてい...

≫続きを読む

プッシュ戦略とプル戦略

■プル・プッシュとは?プル・プッシュを非常に大雑把に考えると、(最終)顧客を起点に戦略や計画を考えていくことが「プル」、反対に自社や自社の製造工程を起点に戦略や計画を考えていくことが「プッシュ」ということになります。主として、マーケティング戦略において使用される用語ですが、生産工程においても使用され...

≫続きを読む

直接販売と間接販売

■直接販売と間接販売について?直接販売とは自社に営業要員を確保し自社が直接営業を行っていくことで、間接販売とは特定の製品・サービスのために自社に営業部隊は持たずに流通業者に自社の製品を販売してもらうことです。直接販売と間接販売にはそれぞれメリットとデメリットがあります。以下にそれぞれの方式のメリット...

≫続きを読む

流通政策(開放的流通政策・選択的流通政策・排他的流通政策)

■流通政策とは?流通戦略とは、如何にして製品を売るかという、マーケティングの4Pの中のPlaceにあたる内容です。流通戦略には、大きく直接販売と間接販売があります。直接販売は自社が営業部隊を確保して販売していく販売形態を指し、間接販売は流通業者を介して販売していく形態を指します。以下で説明をする開放...

≫続きを読む

サービス・プロフィット・チェーン

■サービス・プロフィット・チェーンとは?サービス・プロフィット・チェーンとは、1994年にハーバード・ビジネススクールのへスケット教授が提唱したフレームワークで、サービス提供には顧客満足だけでなく、従業員満足が重要であることを示しました。上の図がサービス・プロフィット・チェーンのフレームワークを表し...

≫続きを読む

ブランド・エクイエティ

■ブランドとは?ブランドとは、製品やサービス対して顧客が抱いているイメージで、メーカーやサービスプロバイダーがブランド価値の向上にこだわり続けていくことで発展していくものです。初めの段階では特定のメーカーが製造しているという認知からブランドはスタートします。それが、繰り返し製品を購入・使用することに...

≫続きを読む

ブランド・ロイヤリティ

■ブランド・ロイヤリティとは?デーヴィッド・A・アーカー氏が提唱するブランド・エクイエティの中で、ブランドネーム認知度、ブランド連想、知覚品質は購入までに至らない人が感じているイメージも含まれていますが、ブランド・ロイヤリティは主に既存顧客に対する指標となっており、このブランド・ロイヤリティを高める...

≫続きを読む

ブランド構築の基本(ブランドネーム、ロゴマーク、パッケージ)

■ブランド構築の基本ブランド構築の基本として、ブランドネーム、ロゴマーク、パッケージの3つについて考えてみたいと思います。■ブランドネームブランドネームとは、製品やサービスの名称のことです。インパクトのあるネーミングとすることで消費者や顧客に覚えてもらいやすくなりますし、製品・サービスの特性を伝えて...

≫続きを読む

ブランドの階層

■ブランドの階層ブランドとは、特定の製品・サービスだけに使われるものではなく、企業に対しても使われることがあります。参考文献においては、ブランドを5つの階層に分けています。5つの階層とは、@グループブランド、Aコーポレートブランド、B事業ブランド、Cカテゴリーブランド、D個別商品ブランドのことで、一...

≫続きを読む

コミュニケーション・ミックス

■コミュニケーション・ミックスとはコミュニケーション・ミックスとは、企業が消費者・顧客とコミュニケートし、製品・サービスを販売するための手段のことです。手段のカテゴリーとして、@人的販売、A販売促進、B広告、CPR、Dクチコミ等が挙げられます。プロモーションを検討する際には、これらの手段のうちどれを...

≫続きを読む

PR(ピーアール)

■PRとは?PR(ピーアール)とはPublic Relations(パブリック・リレーションズ)の略でコミュニケーション・ミックスの一つです。企業が消費者、取引先、および企業等との関係性の中で自社の製品やサービスを正しく効果的に伝えるためにどのような情報発信をすべきかを検討・実施することがPRとなり...

≫続きを読む

インターネットとマーケティング

■インターネットの影響インターネット登場の前後で起こった、最も大きな変化の一つとして現在進行形であげられることとして、広告の在り方が変わった点だと思います。インターネット登場前は、一般消費者にとってTV、ラジオ、新聞、雑誌の4大マスメディアによって提供される広告の影響力は絶大でした。インターネット登...

≫続きを読む

B to C市場とB to B市場

■B to C市場とB to B市場とは?B to Cとは、Business to Consumerの略で消費者市場のことをB to C市場と呼びます。他方、B to Bとは、Business to Businessの略でビジネス市場のことをB to B市場と呼びます。B to C市場を形作っている...

≫続きを読む

DAGMARの理論

■DAGMARの理論とは?DAGMARは、Defining Advertising Goals for Measured Advertising Resultsの頭文字をとったもので、広告評価のための目標設定のためのフレームワークです。まず、広告効果が発現するプロセスを「広告を見て知って、内容を理解...

≫続きを読む

競争地位の4類型(リーダー、チャレンジャー、フォロワー、ニッチャー)

■競争地位とは一つの業界の中には、複数の企業があり、業界トップのリーディングカンパニーもあれば、それに追従していく企業もあります。これらの企業の類型をマーケティングの大家であるコッターは、リーダー、チャレンジャー、フォロワー、ニッチャーという4類型の競争地位に分類しました。更に、この4類型を嶋口氏は...

≫続きを読む

VRIO(ヴリオ)

■VRIOとはVRIOは経営資源の価値や活用方法が企業の競争優位性を決めるという考え方に基づいて作られたフレームワークです。価値(Value)、希少性(Rarity)、模倣困難性(Inimitability)、組織(Organization)の頭文字からとられた略称となっています。V:価値(Valu...

≫続きを読む

マーケティング


トップページ 初めての方へ セミナー情報 メール経営講座 お問い合わせ先 プロフィール